Watering

CLASKA ONLINE SHOP 速水真理のブログ

「アップデートする暮らし」第6回:バアさんになっても食べ続けたい朝ご飯を考える

f:id:claskaonlineshop:20180413140024j:plain

『わたしがオバさんになっても』という歌が流行った頃、「オバさんになる」ことを想像すらできないほど若かったわたしもやがて、健康・美容に興味を持つ立派なオバさんへと進化しました。

今や「わたしがバアさんになっても」食べ続けたい朝ご飯を考える日々です。

朝ご飯は、必ず食べます。朝ご飯に希望すること。それはまずシンプルに、美味しい。栄養バランスが良く健康的で、心身がホッと安定する。体が温まり、1日の活力が湧く。これさえ食べてりゃ幸せだなと毎度しみじみ思う。簡単に、10分で支度ができる。食材が季節を反映し、飽きない。低コストで、持続可能。明日も朝ご飯を楽しみに起きられる。

そんなことを目指して今のところ、こんな構成に落ち着いています。

白湯/ご飯/お味噌汁/焼き魚/納豆/ぬか漬け/フルーツ/コーヒー

中でも欠かせない「納豆」が最近、思いがけず大いなるアップデートを遂げたのです。ご報告します。

もうタレには戻れない。
納豆には簡単手作り醤油麹。

CLASKA のオフィス(CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店の隣)では、わたしたち CLASKA ONLINE SHOP のチームと、スペースレンタル営業・ウェディング・広報のスタッフが一緒にデスクを構えています。お昼どきにはオフィスの端にあるミーティングテーブルへ三々五々集まり、各々持参のお弁当や買ってきたものを食べるのが日ごろの風景です。

その中に、西川さんというウェディングプランナーの女性がいます。初めて会ったとき芸能人かと思ったくらい美人です。美人が食べているものは、気になる。チラチラ見ていると、美人はよく納豆を食べている。聞けば「納豆のタレに入っている食品添加物が心配だから、使わずに塩で食べてます。粘りもより出て、美味しいですよ~」なんて言うもんだから、たまげました。まだ20代の若さにして、その健康意識の高さ。と同時にわたしは、

「納豆に付いているタレを“使わない”なんて発想、まったく無かったわー!!」

・・・・・・と衝撃を受けたのでした。

物心ついてから30年以上、何の考えも、ましてや疑いもなく、納豆には付属のタレをかけてきました。なぜなら付属しているから。納豆の味≒タレの味。あの、納豆と一心同体のタレを使わない選択肢があったなんて・・・・・・愕然です。かけるものは自由だなんて・・・・・・革命です。

それにしても。不肖わたくしもここのところ一丁前に食品添加物を案じ、無添加の調味料を選んだり加工食品は買わないようにしたり、心掛けてきたつもりでございます。ところが納豆のタレは、完全に、盲点でした。「納豆=健康そのもの」というイメージの内に、タレの存在は包み隠されてしまっていたかも知れません。納豆3パックを束ねてある、成分表示が記載されたあのカバーは外して捨ててしまうし、タレの小袋自体には記載がないものだから、そういえばろくに成分を見たこともありませんでした。見ればなるほど、思った以上にいろいろ、入っているものなのですね(※商品により異なります)。それではいざ、わたしもタレを卒業し、無添加調味へ入門だ!

・・・・・・いや「とはいえタレもカラシも必ず捨てるのは、もったいなくて忍びないなぁ」。逡巡していると、すかさず広報の牛田さんが「そんなタレ不要派のために、タレもカラシも付いてなくて、そのぶん安い納豆も売ってるのを最近見かけますよ」と教えてくれました。知りませんでした。売ってました。タレ・カラシなし納豆40g入り3パック45円(+税)。世の中は、時代は、なんてわたしに親切なんだ。(ただし極小粒のみ。願わくば中粒も置いていただきたい。)

さて。何をかけましょう。醤油だけだと、なんだかタレが恋しくなりそうです。長年慣れ親しんできたタレの、あの甘辛さこそ、やはり納豆に合う気がします。西川さんは塩と言っていたけれど、わたしは塩味だけではなくどうしても、醤油特有の風味やコクに加えて、幾ばくかの甘み・まろみを求めたい気持ちです。

味の方向性をしばらく口内でシミュレーションしていたら、ひょっとして「醤油麹」が合うのでは!?と思い当たりました。健康にも良さそうです。試しに市販の醤油麹を合わせてみたら、これがびっくりうれしい大発見。納豆との相性抜群。むしろタレより断然、美味しいではありませんか。

小躍りしながらしかしふとその醤油麹の原材料を見るに「醤油、米こうじ、食塩、酒精」。ん?「酒精」とは、なんぞや?と思い調べれば、おっとこれまた出ました食品添加物。タレの食品添加物を避けてなお、同じ壁にぶち当たるとは。「酒精」は、麹の発酵の進行を止めて二酸化炭素の発生を抑え、製品容器の変形や膨張を防ぐために必要とされているものですが、要はそれで酵母が死ぬので食べても健康効果は無いのだそうです。まぼろしー・・・。

生きた酵母を食べようぞ。醤油麹で無添加のものは市販されていないのかしら?とさらに調べ出したところ、なんと。あっけないほど素晴らしく簡単に手作りできることを知るに至ったのです。よっしゃ~!さっそく米麹(玄米麹)を調達。常温で麹を同量の醤油に漬け、1日1回かき混ぜる。醤油を吸って麹が膨らむので、漬かる程度に醤油を足す。1~2週間経って、とろみが出たら出来上がり。たったこれだけ。嘘みたい。はい出来ました。(※保存は冷蔵で3ヶ月程度。より詳しくは、各自でお調べください。)

f:id:claskaonlineshop:20180413143742j:plain

この簡単手作り無添加醤油麹が、これがっ!いざ納豆にかけたら恐ろしく美味しくて。涙がこぼれないよう上を向き、目をつむって口いっぱいの感動と幸せをムフゥと噛みしめた次第です。醤油麹も納豆と同じく大豆が原料の発酵食であるからか、納豆との掛け合わせにより大豆自体の風味がより濃く感じられます。くっきりとした、醤油のキレとコク。それに麹のふくよかなまろみ・柔らかな甘みの奥行き。納豆の粘りと醤油麹のとろみががっちり強く絡まり合い、もはや猛烈な旨味のかたまりでしかないです。毎朝何気なく食べてきた納豆が、燦然と輝くご馳走へ、ご飯上のスターダムへと、駆け上がった瞬間でした。無添加だ健康的だなんて理屈をすっ飛ばして味をあまりに気に入ってしまったため、もはやタレには絶対に戻れません。

「納豆に手作り醤油麹」、おすすめです。ネットで検索したら、わたしの他にもこの組み合わせを絶賛愛食している方々や、この食べ合わせでの健康効果を説かれている栄養士さんも見つかって、答え合わせが正解だったような、共感しますとお伝えしたいような気持ちで、うれしくなってしまいました。納豆以外にも、醤油代わりに豆腐や卵かけご飯にちょっとかけたり、料理に使っても、旨味とコクがぐっと増して良いですよ。

市販の醤油麹ももちろん十分美味しいですので、まずは市販のもので試してみて、もしお気に召したら手作りされてみてはいかがでしょう。手作りの味は格別です。(経済的でもあります。)

最後に、朝ご飯について、納豆以外の補足です。バンドのメンバー紹介じゃないですが、現在の朝ご飯の構成はこちら。

[白湯]
図書館で健康雑誌を閲覧して知った「レモン白湯」を飲んでいます。

[ご飯]
今は白米と玄米を混ぜていますが、玄米のみにする予定。いつか将来、土鍋で炊くことに興味がありますが、今は炊飯器です。

[お味噌汁]
昆布とかつお節で出汁をとり、具沢山に(この日は小松菜・ワカメ・長ネギ)。出汁がらは冷凍庫の容器に溜めておき、佃煮にして食べます。(実家の母の真似)

[焼き魚]
仕事帰りのスーパーを狙い、切り身が半額になっていたら購入。塩を軽く振り、1切れずつラップして冷凍。食べる前夜に冷蔵庫へ移して解凍。鉄のフライパンで焼きます。

[ぬか漬け]
「わたしのぬか床」というキットで漬けています。お皿に盛ったものを1~2片食べたら冷蔵庫に仕舞い、5日間程度で食べ切る(ぬか床を、毎日は混ぜるだけ。5日間取り出さないロット生産をする)ズボラなスタイルです。

[フルーツ]
季節によって、変わります。

[コーヒー]
食後にハンドドリップで淹れ、ホッとひと息。

f:id:claskaonlineshop:20180413143757j:plain

魚を焼きそのままテーブルに載せてしまっている鉄のフライパンについては、「アップデートする暮らし」第4回:鉄のフライパンに、誤解を詫び愛を叫ぶ をご参照ください。

木のトレイは、「アップデートする暮らし」第3回:堀井和子さんから教わった、テーブルクロスの使い方  を書いたあとに買いました。CLASKA Gallery & Shop "DO" オリジナルの「白木塗トレイ タモ8.5寸 正角」。自分が書いた記事に鼓舞され、自分が売っている商品を自分で買って使って喜ぶという、おめでたいスパイラルが起きています。にしてもこのトレイは買ってほんとうによかった。形がきれいで清々しいし、ナチュラルな白木のままの仕上げに見えて実は艶なしのウレタン塗装が効いているため水気を吸わず、扱いやすいです。

ところで、しかし。朝ご飯について「健康を考えたら結局、昔ながらの和食にたどり着くわ~」なんて分かった風に話していたら、妹から「でも昔の人の方が寿命が短かったよ」と息の根を止められました。妹は健康・美容探究の権化で、わたしより2歳下なのに知見は20年進んでいます。最近はもはや、食べないこと(不食。まさに霞を食う仙人のような暮らし)や呼吸法に興味があるらしいです。次元が違う。考察は続きます。わたしなんぞ健康志向を気取るくせしてお酒はやめられないし、ポテトチップスなんかも好きでときどき食べてしまう矛盾を抱えながら。

朝ご飯もまだこれから、どんなアップデートを迎えるやも知れません。現時点での自分の経過観察記録として、詳しく書いてみました。

 

※注:醤油麹の写真について

タッパーで仕込み、出来たものを小分けに瓶詰めした写真です。また、材料の玄米麹は銘柄の違うものも試してみたいため、次回用に買ってあるものを撮りました。出来上がった醤油麹の材料とは異なります。

www.claskashop.com