Watering

CLASKA ONLINE SHOP 速水真理のブログ

「アップデートする暮らし」第13回:金継ぎにチャレンジ

晦日になると「ああ~、今年はこれまでの人生で最高の1年だったなぁ。また自分史上最高記録を更新したなぁ」とたっぷり悦に入るのを、毎年飽きもせず繰り返している。

そして年が明けると「いかん、このままじゃダメだ!新しいチャレンジをしよう」と焦って急に張り切るのを、毎年懲りもせず繰り返している。

今年もどうぞよろしくお願いします。

今年最初の新しいチャレンジ。それは「金継ぎ」です。

f:id:claskaonlineshop:20190114143115j:plain

アップデートする暮らし「第6回:バアさんになっても食べ続けたい朝ご飯を考える」に登場していた、愛用のご飯茶碗。gallery yamahon で購入した、古谷宣幸さんの粉引飯碗です。

心底気に入って毎日使っていたのですがある朝、洗っているときに手が滑ってシンクへ落とし、ごつ、と割ってしまいました。息を呑む惨事。

ところが泣く泣く破片を拾い上げてよく見れば、幸い、粉々にはならず、3つのパーツにパカッときれいに割れています。

f:id:claskaonlineshop:20190114143155j:plain

パズルのごとく、ぴったり元通りに組み合わせることができる形。

f:id:claskaonlineshop:20190114143221j:plain

・・・ん?これは、まさかの、ひょっとして、なんと、めちゃくちゃ、「金継ぎ」に向いている割れ方なのでは!?

(*「金継ぎ」とは: 割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法。――Wikipediaより引用)

実は何年も前から金継ぎの美に惹かれて興味を持ち、いつかやってみたいと思いながら、まったく手を付けられずにいたのです。それがここにきて突如、

「今まさに絶好の、金継ぎチャンス到来ー!むしろ、割れてラッキーかも~♪」

割れた哀しみから瞬時に立ち直るどころか割ったことを反省しないどころかすっかり喜び勇んで、金継ぎの世界の扉を叩くことにしたのでした。ワクワク。

調べてみれば現代には、初心者向けの金継ぎキットなんて素敵な物が売られているのですね。ネットで注文、即到着。便利で有り難い世の中です。

f:id:claskaonlineshop:20190114143609j:plain

ふむふむ。早速やってみましょう。

f:id:claskaonlineshop:20190114143622j:plain

「初心者向け」と謳われていたキットとはいえ、合成樹脂の新うるしではなく天然漆とご飯を練って作る糊を使うし、本格的です。

f:id:claskaonlineshop:20190114143644j:plain

貼り合わせてから乾燥させるのに、冬場ならじっくり丸3日間は必要。さらに室温と湿度の高さが重要とのことで、紙袋に入れお風呂場の壁に吊るしてみたり。湿度が高いほど乾く(硬化する)という、漆の不思議な性質を初めて知りました。

f:id:claskaonlineshop:20190117151054j:plain

乾燥したら、継ぎ目に漆を塗り、はみ出してしまった部分を拭い、いよいよ上から純金泥を蒔き、乾かしながら押さえて。ついに完成です。小心ゆえ純金泥少なめで地味だし、不器用ゆえ多少ガタガタな仕上がりになりましたが、ちゃんとくっついて、大興奮。

f:id:claskaonlineshop:20190117151127j:plain

金継ぎには、物を大切にする日本伝統の精神性と技術を学ぶことができる、という真面目な意義も感じますが。そんなことより。

ただもう単純に、金継ぎのおかげで生まれ直した物が、以前より一層格好よく感じられて、ますます愛しくて、あ~めちゃくちゃにうれしい!ものだったんですね。

そうして偶然であり必然であるところの割れ目の線の完璧さに見入っていると、人工物の中に神様が現れたような、敬虔な気持ちにもなります。

金継ぎをプロに依頼できるお店もあるのですが、自分の手をかけ日数をかけて取り組んだからこその、深い感動がありました。

f:id:claskaonlineshop:20190117151351j:plain

しかし、金継ぎができるようになったからといって、大事な器たち、なるべく割らないに越したことはありません。得意になるべからず。平穏無事がいちばん。ともかくこの飯碗が復活してくれたおかげで、わたしは今日も元気だご飯が美味い。大満足です。

身近で金継ぎにご興味のある方、キットをお貸しできますよ~。

f:id:claskaonlineshop:20190114143702j:plain

ところで。12月中旬に思いつきで買った花がもう丸1ヶ月間、不思議と枯れない。毎日「今日もきれいだね~」と褒め励ましながら見ていたら、頑張って応えようとしてくれているようです。

さあ、また別の勉強やチャレンジを楽しもう。今年もこれまでの人生で最高の1年になる予感。

 

www.claskashop.com